Zombie Cat Cut

sky depth

[とあるシリーズ/感想/考察/まとめ/ネタバレ]

MENU

【漫画版:ひぐらしのなく頃に】⒈鬼隠し編 今更ながら読み始めました!【感想①】(ネタバレ注意)

こんにちは!

みたか・すりーばーど(@zombie_cat_cut)です。

突然ですが、『ひぐらしの鳴く頃に』の漫画を、昨日からよみはじめました!

実は、恥ずかしながら今まで全く読んだことがなく、なんとなく怖そう・・・というイメージしかなかったんですが・・・。

なんと、こちらでも紹介させて頂いた『マンガUP!』という漫画アプリで、2020年7月現在、漫画版『ひぐらしのなく頃に』が読めるみたいで!

詳しくは、『マンガUP!』のご利用方法をご自分で確認して頂きたいのですが、無料で読めるというのは本当にありがたいですね。

せっかくなので、推理しながら読んでいきたいと思ってます!

結末を知っている方も、ネタバレはせずに温かい目で見て頂ければ。

ひぐらしのなく頃に』に関するネタバレが含まれますので、ご注意ください!

読む順番について

なにやらシリーズがいっぱいあるようで、まずは読む順番はネットで調べてみました!

① 出題編

 ひぐらしのなく頃に鬼隠し編」全2巻 

  アニメ1期(1~4話)

 ひぐらしのなく頃に綿流し編」全2巻

  アニメ1期(5~8話)

 ひぐらしのなく頃に祟殺し編」全2巻

  アニメ1期(9~13話)

 ひぐらしのなく頃に暇潰し編」全2巻

  アニメ1期(14~15話)

② 解答編

 ひぐらしのなく頃に解目明し編」全4巻

  アニメ1期(16~21話)

 ひぐらしのなく頃に解罪滅し編」全4巻

  アニメ1期(22~26話)

 ひぐらしのなく頃に解皆殺し編」全6巻

 ひぐらしのなく頃に解祭囃し編」全8巻

③ 番外編

 ひぐらしのなく頃に昼壊し編」全1巻

 ひぐらしのなく頃に礼賽殺し編」全1巻

と、ネタバレが怖いのでこんな感じであってるかわかりませんが・・・。

まずは、「罪滅し編」まで読めばいいのかな?

というわけで、今回は『鬼隠し編』の感想を書いていきたいと思います!

「それだけが私の望みです。」

いきなり、ラストシーンの感想なんですが、これは読者に真相を暴いてみてねっていうこと・・・?

主人公かと思っていた前原圭一くんが死んでびっくりしましたが、本当の主人公は読者だったー!

よっしゃ、真相の解明に尽力したろ!

的外れなことも言うかもしれませんが、何卒ご容赦を~。

それぞれのキャラについての感想

竜宮レナ(礼奈)

「かな」を繰り返しがちな「ひぐらし」のメインヒロイン、竜宮レナさん!

第3話の「嘘だッ!!」と最終話の「信じないよね?」が印象的でした。

いや、ほんっとーに怖かった・・・。

怖い感じに描写されすぎ!

でも、絶対悪い子じゃないと思うから、正直、ドアに手を挟まれてるシーンとか、ひたすら謝るシーンとか、見てられませんでした・・・。

  • 小学校になるまでは雛見沢にいたが、茨城へ引っ越し。
  • 学校で窓ガラスを割って回った過去あり。
  • 自律神経失調症と診断されている。
  • 「オヤシロさま」が夜中、枕元に立って見下ろす。
  • 今から1年前、金属バットで男子生徒3人に暴行を加える。
  • うち1人は片目に後遺症。関係者は口を閉ざす。
  • 暴力事件の直前、とりつかれたように豹変。
  • 「雛見沢を捨てた人は・・・オヤシロさまに追われる」
  • 「オヤシロさまが来てしまった」
  • その後、北条悟志と入れ替わりで雛見沢に戻る。
  • 悟史の金属バッドを怖がる。
  • 「ソレは許してもらえるまでどこまでもついてくるの」

これらの情報から察するに、多重人格障害解離性同一性障害かな?

雛見沢から出てきた罪悪感に加えて、茨城で虐められていたことで解離性同一性障害になってしまった・・・とか?

『礼奈』と『レナ』の二重人格か、『礼奈』=『オヤシロさま』なのか。

あとは、ストーカー体質の可能性はありそう。

前原圭一について詳しく知っていたのは、ストーカー体質だった、とか?

もしくは、他の村人に聞くいていたのかな?

とりあえず、前原圭一を鉈で襲ったのにも、過去が関係してそうな気がする!

多重人格

園崎魅音

  • 魅音は友人の首に手をまわす癖。
  • 園崎家はダム抵抗のリーダー。
  • 軽犯罪と公務執行妨害の補導歴。
  • おはぎの件は「ちょっとした悪戯」
  • 圭一が学校を休んだ日、おじさんと一緒にいたことについては知っていた。
  • それが大石だと気づいたのは、ダム反対運動の頃の話を前原圭一にされたとき。
  • 大石には「今年で定年で容赦してやった恩」がある?

魅音は、補導歴ゆえ警察の大石を知っていたとしてもおかしくはないですよね!

「容赦してやった」というのは、今年の殺害対象から外したということかな?

となると、やっぱり園崎家は怪しい!

村人による連続怪死事件を主導している可能性は高そう。

しかし、そのときの描写が、前原圭一の精神的状態に起因する幻聴の可能性も否定できない・・・。

北条沙都子

  • 2回目の被害者の娘。事故当時、その場にいた。
  • 北条悟史の妹。

両親を失い、叔母を失い、兄を失っている北条沙都子ちゃん。

そんなことがあっても笑って生きていける彼女は強い・・・。

ただ、連続怪死事件との関わりは強いはずなのに、あまり物語には登場しませんでしたね~。

年齢が幼いゆえに、村人による連続怪死事件の真実を知らない可能性が高そう!

古出梨花

  • 綿祭りでは、儀式の巫女の役を演じ、桑を持つ。
  • 3回目の犠牲者、神主の娘。

一方、年齢は幼いけど、真実を知ってそうなのが古出梨花ちゃん。

なんとなく「ふるでりか」と「フレデリカ」って語感が似てますよね。

『綿祭り』の意味がわかれば、神主や巫女の役割も見えてくるかな・・?

まとめ

長くなりそうなので、今回の感想はここまでにしておきたいと思います!

どうやら、アニメも新しく放送されるみたい!

どんどん先が読みたくなってしまいますね~。

次回の感想はこちら!

▶▶翌日21時に更新予定

以上、みたか・すりーばーど(@zombie_cat_cut )でした。

Twitterもやっていますので、よかったらフォローお願いします!