Zombie Cat Cut

sky depth

[とあるシリーズ/感想/考察/まとめ/ネタバレ注意]

MENU

【とある科学の超電磁砲】漫画140 話(後編): 対話【感想(ネタバレ注意)】

こんにちは。

どうも、みたか・すりーばーど(@zombie_cat_cut)です!

 

ということで、本日は月刊コミック 電撃大王 2022年8月号の発売日ー!!!

 

今月は、小説『とある科学の超電磁砲 (電撃文庫)』も発売されており、ファンにとっては嬉しい1ヶ月になっているのではないでしょうか!

 

それではさっそく、とある科学の超電磁砲140話(後編):対話の感想を書いていきたいと思います!

『とある』シリーズの原作、漫画、アニメ全てのネタバレが含まれますので、ご注意ください!

とある科学の超電磁砲 とは

とある科学の超電磁砲』は、原作:鎌池和馬、作画:冬川基、キャラクターデザイン:灰村キヨタカによる日本の漫画作品月刊コミック電撃大王』にて、2007年4月号より連載中。 

最新140話(後編)の掲載号はこちらからどうぞ!

【原作小説】

【コミカライズ・スピンオフ】

前回までのおさらい

【とある科学の超電磁砲】漫画140 話(前編): 対話

派閥抗争のきっかけとなった事件の謎を解くため、食蜂操祈接触する支倉冷理

黒髪眼鏡ちゃん vs 帆風潤子が物理的にバトルしている一方で、支倉冷理食蜂操祈に派閥の設立を勧めていました。

感想

お茶を希む

帰国してきたばっかりの支倉冷理は、ひとり理事長への帰国報告へ。

襲撃の可能性があるにもかかわらず、単独行動を微塵も恐れず。

この人は、ほんまにかっこええなぁ・・・・・・!

 

その場に残されたのは、食蜂操祈口元ほくろの側近ちゃん

常盤台中学二年阿里希茶あさときさ

 

というわけで!!!

この子の名前がようやく判明いたしましたー!!!!!

阿里希茶
黒髪眼鏡ちゃん
引用:とある科学の超電磁砲9巻(左)、同16巻(右)

初めて登場したのは、おそらく超電磁砲9巻2013年8月27日発売)。

なんと、およそ9年越しでの名前判明!!!!

そこから、食蜂派閥の幹部としてアストラル・バディ心理掌握にも頻繁に登場していますね。

心理掌握1話でのお嬢様トークが印象的でしたが・・・・・・。

 

まさかの、『支倉派閥の悪巧み担当』。

どっひぇぇええええ。

てっきり、おっとり系だとばかり・・・・・・。

本人いわく、

  • 支倉冷理は学業において学年主席、能力もトップレベルで研鑽も怠らない。
  • さらに、名伯楽(すぐれた資質を持った人を見抜く力のある人物)として定評もあり、どんなやさぐれた生徒からも美質を見いだし、才能を開花させてきた。
  • 陰りのない太陽のようなお方で、派閥の内外問わず敬愛されている。
  • しかし、長の人徳だけで円滑に回るほど大派閥は甘くなく、雲ひとつない太陽を演出するために自分のような人間が必要。
  • そのための、裏工作・諜報活動・身辺調査を担当している。

と、とりあえず支倉冷理が素晴らしいだ人物というのは理解した!

このときに超能力者レベル5が何人いたのか知りませんが、それを差し置いてデモンストレーションに選ばれる実力と人柄。

前にも言ったけど、なぜ最大派閥じゃないの・・・・・・!?

 

諜報活動といえば、「潔斎雪紫御坂美琴のルームメイトにした」のが阿里さんでしたね。

支倉派閥の側近2人は、①阿里希茶あさときさが参謀役、②黒髪眼鏡ちゃんが護衛役って感じなのかもしれません。

にしても、中学生のお嬢様が『裏工作・諜報活動・身辺調査』かぁ・・・・・・!!

心理掌握にも密偵スパイちゃんがいましたが、お嬢様の世界は闇が深いですわね~!!??

意外と気が合う

「私なんか人の欠点ばかり目に行くのに」

と、ぼやく阿里さんに対し、(わかるわぁ)食蜂さん。

 

お嬢様のドロッドロの暗黒面に「好物のパンケーキもろくに喉が通らなくて・・・」

と、ぼやく阿里さんに対し、(それもわかる・・・)食蜂さん。

 

意外と気が合う2人。

食蜂さんも、思わず口元には笑みが漏れていました。

支倉冷理あの女が言う通り 私が本気力で派閥を立ち上げることになったら あなたを入れて肩の荷を下ろしてあげようかしらぁ?

 

「はぁ!? よ・・・余計なお世話よ!! だいたい第二次性徴もまだみたいなちびっ子に言われてもねぇ?

 

「絶賛成長中なんですけどぉ」

 

「へぇー じゃあ支倉様がご卒業なさった時に私より背が高くなってたら派閥に入ってあげるわ

 

引用:月刊コミック 電撃大王 2022年8月号(太字は筆者による。)

うわぁあああああ!!(語彙力)

この2人のやりとり、ええやん!!(語彙力)

こういうきっかけがあったのかぁ・・・・・・。

この2人が言い合っているのは、なんだか新鮮だよね!!

 

そして1年後、阿里さんは『笑顔のパンケーキ』について笑顔で語ることになるのであった!!!!(心理掌握1話

バトル漫画時空

一方、中庭でじゃれている2人。

黒髪眼鏡ちゃん vs 帆風潤子はというと・・・・・・。

私たちが積み上げてきた武――・・・

 

どちらが上か

 

(わたくしの全てをこの一撃に!!)

 

(来い!!)

 

引用:月刊コミック 電撃大王 2022年8月号

圧倒的、バトル漫画時空・・・・・・!!!!

 

しかし、決着もあわや、というところで「」という音とともに2人の動きは止まってしまいます。

登場したのは食蜂操祈阿里希茶

黒髪眼鏡ちゃん帆風さんは、それぞれ逆方向に向かってロボットのように歩かされることに。

どうやら決着はお預けのようですね!

ちょっとだけ残念!

 

「ひょっとして・・・私は一生このままなのだろうか」

と心配している黒髪眼鏡ちゃん(かわいい)をよそに、阿里さんは考えます。

  • 私が知る限り支倉様が派閥設立を勧めたことはない
  • 彼女にそれほどの可能性を見いだしたということ?
  • 最悪、沙派閥をしのぐライバルになりかねない
  • 永代姫君マジェスティの条件;1年以上(かつ)卒業までの最大派閥維持
  • 逆算すると、もうほとんど時間がない
  • 永代姫君マジェスティを諦めてしまわれたのだろうか

完璧超人、支倉先輩の心境やいかに・・・・・・!?

(その後、黒髪眼鏡ちゃんは無事、動けるようになったよ!)

超能力者への捜査協力②

一夜明け、支倉冷理が呼び出したのは潔斎雪紫

派閥長じきじきの呼び出しに、戦々恐々の雪紫ちゃん。

しかし、用件は『御坂美琴への捜査協力依頼』でした!

 

というわけで、支倉冷潔斎雪紫御坂美琴、そして神苑小路瑠璃懸巣の4人で事件を捜査することに!

ちなみに、ルリ先輩「公平性という意味では唯一無二」ということで同行してもらうようで。

さすが、「三大派閥からも一目置かれている」というのは本当だったね!

マスメディアは第四の権力とも言うし、ルリ先輩、やはり新聞部なんじゃなかろうか・・・・・・。

 

さて、そんなこんなで御坂美琴は『花山院さん襲撃事件』のあった公園の防犯カメラを軒並みチェック。

しかし、容疑者であった炎乗さんの姿は写っておらず・・・・・・。

特定容易な能力を使用しておいて、しかし姿は見せないように行動している犯人。

 

うーん、これは怪しい。

ひとまず、『炎乗さんの単独犯人説』はコレでなくなったかな!

(気後れしながらも、支倉センパイに反論している潔斎さんが怪しく見えてしまう自分は、きっと心が汚れているのかもしれない・・・・・・。)

  • 「とりあえずこの情報を元に水鏡に一時休戦を持ちかけてみる」
  • 「配下の派閥員は納得しないかもだけど 多少の時間は稼げるだろうし」
  • 「その間にこんな対立を仕組んだ奴を特定してとっちめてやるわ」

「卒業前に最後の大暴れができそうね」

やっぱかっこいんだよなー!!!!

おら支倉派閥にはいるぅうう!

まとめ

「派閥抗争じゃないって判明したら私も遠慮しないでいいんですかね?」

 

引用:月刊コミック 電撃大王 2022年8月号

まさか今まで遠慮してるつもりだった・・・だと・・・!?潔斎雪紫、心の突っ込み。)

 

というわけで、以上、140話(後編)の感想でした!

前編と後編に分かれていましたが、どちらもかなりの情報量でしたねー!!

食蜂派閥については『立ち上げのきっかけ』だったり、『側近2人の情報』だったり。

もっともっと知りたくなってくる~!!

 

肝心の黒幕ですが、他校の生徒の可能性も出てきたのかな?

事件の現場が『学舎の園』だとすれば、5つのお嬢様学校の生徒全員が容疑者に。

名前が判明しているのは「常盤台中学」と「枝垂桜学園」の2校のみ。

小説『とある科学の超電磁砲 (電撃文庫)』でも、登場していましたね。

(参照:【小説 とある科学の超電磁砲】第四章 『御坂美琴とお嬢の終わり』感想(後編))

派閥間抗争ではなく、他校の関与が明らかになれば御坂美琴も本格参戦!

そんな展開が来るのか来ないのか!?(こういう予想はだいたいはずれます。)

 

さて、感想はここまでですが、最後に今後のスケジュールをまとめておきましょう!

 

前話▶【とある科学の超電磁砲】漫画140 話(前編): 対話

次話▶6月 更新予定

その他▶とある-超電磁砲(マンガ) の記事一覧 - sky depth

 

というわけで、今回はこの辺で。

以上、みたか・すりーばーど(@zombie_cat_cut )でした。

Twitterもやっていますので、よかったらフォローお願いします!

なお、本ブログに掲載されている全てのことは、実際の宗教、魔術などとは、一切関係ありませんのでご注意くでさい。